アメリカロッキー山脈の麓に暮らす家族の日記


by coloradowinds

ANAの対応に感動~

我が家はゲストルームを追加する工事を依頼しました。


ところがぁ....


見積もりを依頼したうち、見積もりをちゃんとくれたのは

たったの3社。しかも3社とも期限を大幅に遅れてのご回答。

まあ、それでもいちばん対応がよかった業者に決めた。
我が家は幼児がいるため、騒音のひどい日と臭いのひどい日はあらかじめ、前日までに連絡をしてくれるという約束のもと、
いよいよ工事着工となった。

ところがぁ.....


初日のいちばん騒音がひどい日に連絡なしでいきなり工事にやってくるという。

「約束がちがうので今すぐは困るわ」と言うと

「じゃ、明日の午後1時に伺います」という業者。

翌日、業者がやって来る前に息子をつれて外出をすることに。
騒音がひどいので息子の着替えや食事をもって避難したのですが...しばらくして、家で待機してた夫から電話が。

「待てど暮らせど来ないから、業者に連絡したら「今日は行きません!」だって」と夫も絶句。

いったい、どーいうこと???

なんなのー、この対応は。


話はこれだけではないんです!


ある造園業者に庭のメンテナンスと改造を依頼したら、

「今週の土曜日、9時15分に伺います」と

依頼を請け負ってくれた。


ところがぁ....


当日、待てど暮らせど来ない。業者に連絡するも返信無し。

No Showってやつだ。約束しておいてすっぽかす。
アメリカではこういうことがあると聞いてはいたけれど...
本当に平然と「すっぽかす」のには驚いた。結局、その業者からはなんの連絡がないままである。
子供同士の約束じゃあるまいし。れっきとした大人が、しかも仕事をする立場の会社がこうした行為をすること事態が理解できないよね。

これでよくアメリカって国はよく成り立ってるな。

こんなー失礼な対応をされてアメリカ人は平気なのだろうか?

きっとこれがアメリカって国。ここで生まれ育ったひとはこんな対応に慣れきっているのだろう。日本の親切な対応を知らないのだろう。


そんな折、家族で日本に行くためにANAの東京予約センターに連絡をしたら、

とーっても親切な対応に涙が出そうになりました。

ANAのフライトに搭乗するものの、本来は予約を請け負ったユナイテッド航空が対応すべき問題らしいのですが....ANAのオペレーターのかたは

「うちではお客様のデーターを変更することができないのですが、なんとか致しますので少々お時間を下さい。折り返しこちらからご連絡いたします。」

と言ってくれた。折り返し我が家まで電話を下さるという。しかも国際電話なのにぃ...

なんとオペレーターの方がわざわざユナイテッドに直接交渉してくださり問題を解決して下さったのだ。

しかも、息子のお子ちゃま用の機内食までリクエストしておいて下さったと再度お電話をいただいた。

「お客様からユナイテッドにご連絡をされても話が通じないといけないと思いまして、お子様の機内食をこちらからリクエストしておきました」

という内容だった。なんて.....親切なの。

こんな親切な対応をうけたのはひさしぶりだ。アメリカだったら絶対にないきめ細やかな対応。しばし忘れかけていた日本のサービス業のすばらしさに感動。じぃ~ん。こういう日本のすばらしさは消えないでほしい。

いっぽうアメリカでは....

あんた、お給料もらってるのになんなのその対応は..ってのを

スーパー、レストラン、そこかしごで見かけるのである。アメリカはすばらしい、ナンバーワン!と誇るアメリカ人も多いけど....そんなことはないと思ってしまう。少なくてもサービス業はね。それと、世界に目を向けたらすばらしい地域はほかにもいっぱいあるもん。たとえば、日本らしい「きめ細やかいもてなし」とか。前に出すぎない自己主張しすぎないところとか。戦後ずっとアメリカに感化されてる日本だけど、日本古来のすばらしさは消えないでほしい。
[PR]
by coloradowinds | 2012-09-28 06:58 | My thoughts