アメリカロッキー山脈の麓に暮らす家族の日記


by coloradowinds

カテゴリ:息子の成長日記( 9 )

多忙な日々と夏の暑さで成長記録を書く時間がないまま生後15ヶ月も終わりに近づいてます。

さぼっている間も息子の成長は著しく。15ヶ月になってできるようになった事などを母の記憶をたより(けっこう、ボケてるわたしですが...)に書き記します。

b0234096_5584572.jpg



① 階段の上り下り

階段はどこまでもドンドン上っちゃいます。この年齢で下るのはなかなか難しいようですが、外の石段やステップなどをじょうずにおりることができるようになりました。



② 言葉

言葉の発達はすごいですね!息子の場合、母である私からは日本語、Daddyからは英語をきいて生活していますから、いったいどちらを話しだすかと思っていました。今のところ、英語の単語がほとんどです。発音はまだ赤ちゃんなのではっきりしていないところもありますが、下記の言葉は完全に認識できているようです。

Bye bye(バイバイ)
Mama(ママ)
Dada(ダダ)
Book(ブッー)
Out(アウァ~)
Ball(ボウ)
Dog(ドック)
Bird(バー)
Hot(ホ-ッ!)
Diaper(ダイパー)
Car (カー)今日、街を走る車をみて言いだしました!

とにかく意欲満々の息子は私たちのしゃべる言葉を耳で聞いてそのまま真似をします。「カー(車)」もきょう、私が何気に言ったのを耳で聞いて真似をするようになったのですが....意識しないで思いっきり日本人的発音で「カー」と言っちゃったもんで。息子ったら「カーカーカーカー」とまるでカラス状態...ひゃ~!私の発音どおりに真似をしたらダメダメ~よ!もう冷や汗もんですっ。夜、帰宅したDaddyから正しい発音で教わり直してましたっ(安堵!)

それとDaddyの真似をしてなにかに失敗したときなどに「オッオー」と言います。日本語でいうと「おーっと」って感じでしょうか。食べものが熱かったり、熱いものにふれたときには「ホーッ(Hot!!)」と言ってアッチッチのしぐさもするんですよっ。とってもかわいいです!


③ しぐさ

言葉で表現できないことはジェスチャーでつたえてくることも増えてきました。
お腹がすいた。のどが渇いた。ダイパーを変えてほしいなどなど枚挙に暇がありません。


④ 成長

身長体重は最近は測定していませんが....変わらず大きいと思います。足のサイズは私の2/3強もあり、いつ抜かれるのか?!?!って感じです。

食事のときは食べさせてもらうより自分で食べたいらしいのです。毎回、よごれてたいへんなのですが...フォークとスプーンを持たせて本人にもたべさせるようにしています。フォークを使ってじょうずに食べられるようにもなってきました(まだまだ汚しますけどね...笑)。

b0234096_5592285.jpg


ちょっと前ですが、フォートコリンズのダウンタウンでブランチをしてる写真です。この日はめずらしく猛暑ではなかったので、こうして外で食事を楽しめたのです。


10日前くらいから鈴虫がリンリンと鳴くようになりました。初秋の夜を飾る音色を聞いたのは何年ぶりでしょうか?なつかしい音色はどことなく風情があっていいですね。庭に出るとバッタ、コオロギ、カマキリなどをいっぱい見かけます。虫は苦手なのでただ眺めてるだけですが...こうした環境は子供には最高の遊び場になるでしょうね。日中はまだ暑いですが、外に出るなりドライサウナの扉を開けたようなムーッとくる暑さはなくなったかな。それと朝晩はすずしくなってきました。

息子は先日、生まれてはじめて風邪をひきました。風邪といってもくしゃみがでるだけのかるいものだったのでよかったです。彼の強靭な肉体はDaddyゆずりのようです。いつも元気な息子には感謝です。元気余ってケガが絶えないのですが....わんぱく盛りなので仕方ないでしょうねっ。
[PR]
by coloradowinds | 2012-08-16 06:09 | 息子の成長日記

初ドライブ旅行

夏も本番になり、RVカーで旅をする人たちをいっぱい見かけるようになりました。魅力的な観光スポットやきれいな国立公園がたくさん点在するので否が応でも行きたくなる。でも~我が家の場合、1歳児をつれての車旅となると制限もかなり出てくるのだ。

ワイオミングにイエローストン国立公園という子供をぜひ連れていきたい場所がある。いろんな野生動物が真近でみられるのだ。前回、訪れたときにはグリズリーベアを2メートルくらいの至近距離で3回も見た。しかも野生とはいえども....首にはGPSをつけて行動を監視されているクマちゃんたち、しかも毎日観光客から写真とられまくりの人生をおくってるせいか、人間が騒ごうがおかまいナシにのんびりなさってる。この「檻のない動物園」に息子をつれて行きたいのだけど....走行時間7時間は1歳児にはちょっと無理なので今年は断念。イエローストーンとの中間地にあるLander(車で5時間)に行くことになった。

親の心配をよそに我が家のぼっちゃまはすこぶるご機嫌!途中でちょっとカーシートに乗ってるのが飽きてぐずったけど、ひろ~い後部座席に床マットをひろげてDaddyとオモチャで遊んだりしてるうちに目的地に無事到着できた。

b0234096_3501830.jpg


ワイオミングの片田舎の小さな街Landerは風光明媚でのんびりしたところ。シカのママが3頭の赤ちゃんをつれているのをみかけたけど.....子育ては動物も人間も同じでたいへんなんだな~。
ママ鹿の必死ぶりが伝わってきて思わず共感する私であった。

b0234096_351374.jpg


暑さが和らいだ夕刻に息子をつれて自然散策に出た。

b0234096_3514278.jpg


清んだ川には大きく太ったトラウトがいっぱいいた~。

b0234096_356147.jpg


トラウトのいる川をのぞき込む息子

b0234096_3563735.jpg


メチャメチャ暑い日は夜に雷が鳴ってサーッとスコールがふる。
スコール前の雨の香りはとってもいいものだ。
とてもいい旅の夜となった。
[PR]
by coloradowinds | 2012-07-24 03:36 | 息子の成長日記

息子の成長日記 - 満1歳

息子が生まれてちょうど1年が経ちました。

1歳検診では何の問題もなく身体測定は身長が85センチ(95パーセンタイル以上)、体重は12キロ(85パーセンタイル)、頭囲も追いついて80パーセンタイルとなりました。なによりも嬉しかったのはフォーミュラだけで育ちあがった息子ですが、病気もせずケガもせずに満1歳を迎えられたこと。強靭な魂と肉体をもって生まれてきてくれた息子と彼を見守ってくださる目には見えない宇宙からの愛とサポートに感謝の気持ちでいっぱいです。

私は子供に巡り会うまでずいぶん長い時間が必要でした。子供を迎え入れるまえに学ばねばならない課題がいっぱいあったからでしょう。ここでいう「学び」とはさまざまな経験をつんで魂を向上させること。その間、息子の魂は空のうえでずーっと辛抱強く待っていてくれました。そして1年前にようやくやって来てくれたのです。

b0234096_2434343.jpg



息子を迎えてからは、息子をとおして育児をとおしていろんなことを「学んで」います。目下の課題は

「Be calm no matter what happens」「Direct an bright energy like the sun」「See him as a soul not as a little baby」「See him through your unconditional love not your ego」


いかなるときも大らかに、ゆったりとした気持ちでいる
(忙しない日常に追われイライラしちゃうのだ~)

母は家庭の太陽になるべく明るいエネルギーをふりまく
(疲れたりするとふと笑顔が消えてることがある)

息子を小さな赤ちゃんとしてではなくひとりの魂として接する
(小さい息子を見ると大人対子供の態度になる)


先日、江原啓之さんの本を読んでいたら、大らかなお母さんのところには子供の魂がたくさんやってくると書いてあり、思わず納得してしまったー。子供はひとりより複数がいいと思ったけど、私の肝っ玉にはひとりがちょうどいいみたい。いや、ひとりでいっぱいいっぱいみたいですっ(笑)。魂を成熟させ母性あふれる人間になることが「母になるため」に求められる条件なのかもしれません。Be Calm(大らかに~)が私の目下の教訓であり課題なのだ~!


さて、息子はTerrble Twos(魔の2歳児) を繰りあがってTerrible Ones(魔の1歳児)を展開中。つよい御意思をお持ちのようで、食事もご自分の食べたいものを指差して示す。それ以外のものを与えようとすると首を振って怒る。気に入らないことがあると体で思いっきり表現して怒りなさる。なので彼のパーソナリティーを尊重して上から目線でものを言わないように心がけています。

b0234096_1501853.jpg


ドクターにも指摘されましたが、運動神経がかなりいい。家でもサッカーボールを上手に蹴ったり。グランパがいる時にはできなかった積木も4段まで積み上げられるようになりました。

何はともあれ、私を母にえらんでくれてありがとう。この人生で息子に出会えたこと。夫に出会えたこと。ひとつの家族になれたことに感謝のきもちでいっぱいです。大らかで太陽のように明るい息子の魂にふれると、己の未熟さを垣間みて恥ずかしくなることもしばしばです。母の魂を磨く手助けもするべく息子は生まれてきてくれたのでしょう。

親は子供よりも大人だと思いがちですが、魂レベルで見ると子供のほうがずっと大人だったりします。我が家もしかりで(とくに母親が..)。息子と接しながら、私も魂をせっせと磨いていきたいと思っています。よく笑い、よくしゃべり、元気いっぱいな息子のおかげで我が家はいつも明るいエネルギーでいっぱいです。ありがとう!

b0234096_2432471.jpg


先日、1歳検診でクリニックを訪れたときは気温が90度まであがって真夏日でした。街はみどりにあふれ住宅街の道路脇ではGeeceの赤ちゃんがピヨピヨ歩いていていました。こんな自然界が命の躍動にあふれる季節に息子は生まれたのですねっ。コロラドの春は格別に美しいと感じます。街全体にLandscapingが行き届いており、きれいに樹木や花が植えられて遠くのロッキーの山並みと重ね合わせてみると実にきれい。人の手で造られたきれいな街並みと大自然がみごとに融合した場所だと思います。

b0234096_231286.jpg

私たちがDream Houseを建設する北コロラドはこれから全米でもっとも美しくファッショナブルな街になるという。物質的なファッショナブルではなく、ますます洗練された美しい街になっていくということだろう。

b0234096_241526.jpg

4月は寒かったり暑かったりと気温が大幅に変動しましたが、ようやく75度~80度台に安定してきました。この夏は息子も一緒に屋外のアクティビティーも楽しめそうです。
[PR]
by coloradowinds | 2012-05-17 02:33 | 息子の成長日記

公園デビューⅡ

3月23日(土)Fort Collins Ciry Parkを車で通りかかると

b0234096_284419.jpg



サッカーをしたり、散歩をしたり、ビーチで日焼けならぬ公園で日焼けをしている人がいっぱいいた。気持ちよさそうな雰囲気に誘われて、息子と立ち寄ることにしました。

b0234096_275713.jpg

ちびっ子サッカー。コーチが声をだして指導していましたっ。
みんなメチャメチャかわいいかった~。

b0234096_295894.jpg

寝そべって日焼けを楽しんでいるお姉ちゃん達からちょっと離れたところに座って息子も新緑の芝を触って楽しんでいました。
それにしても日差しが強烈です。Mammyはうかつにも息子をTシャツのまま遊ばせてしまい短時間で腕が赤くなってしまいました。

b0234096_2105716.jpg

Daddyもさそって一緒に公園を散歩しました。
前回の公園デビューでは枯れた芝がチクチクして歩きたがらなかった息子ですが、青くなった芝生を素足で歩いてみたところ....柔らかな新緑の芝が心地よかったみたいでよく歩きましたっ。
今度は息子もUVジャケットを着ての登場です!

ところで、アメリカ人の子供たちはUVケアをしてるのでしょうか?
(夫いわく、してないんじゃない)

レジャーや海に行くときはサングラスに帽子とバッチリUV対策するちびっ子たちだけど....ふだん街中では気にしてない模様。街中といってもここは標高の高いエリアよ。要には「エベレスト登頂隊が真っ黒に日焼けしてるのは空気が薄いなか直射日光をもろに受けるから」と同じってことだよね。私も冬の間に油断してたらシミが2つもできちゃったもん(人生半世紀にちかいからもういいけど....)ソバカスだらけのお子ちゃまを見かけたら「コロラドっ子」と思ってまちがいないだろう。

b0234096_26175.jpg

元気に走り回ってる子供たち。まだソバカスは目立たなかった。
[PR]
by coloradowinds | 2012-03-30 02:29 | 息子の成長日記
9ヶ月の記録を残す間もなく満10ヶ月になってしまいました。

息子のお昼寝タイムがブログを更新したりとちょっとだけ
くつろげる時間なのですが.....9ヶ月になってからお昼寝を
ほとんどしなくなったのです(はぁ~)。

午前中15分+午後15分だけなんて感じで007.gif
これじゃ~何にもできません。ブログは2行ずつとか...少しずつ
書いてひとつの内容を完成させるのに1-2週間費やしてます。
この「生後10ヶ月の記録」を書き終わる頃には10ヶ月をとっくに過ぎてしまっているかもしれません(笑)。

9ヶ月すぎからひとりで立てるようになりました。2-3歩あるくという感じからスタートした息子の歩行は日に日に上達し。10ヶ月になったきょう現在では5-6歩ひとりで歩いて,私もしくはDaddyにしがみつくというパターン。歩くのは大好きでDaddyに両手をもってもらって家のなかをずーっと歩いています。

(注:10ヶ月と1週間目には仁王立ちになったと思ったら、おもむろに歩きはじめてストーンと転ぶをくり返しています。まだしっかりと歩けないことを忘れちゃってるかのように、スタスタと歩いてはしりもちをついたり、壁に激突して大泣き...それでも歩き続ける息子はガンバリ屋さん+かなりのわんぱく坊やみたいです!)

夜中にお腹がすいて目覚めることは少なくなりました。あっても明け方4時から6時にかけてフォーミュラを1回飲むだけ。でもね、オシッコをがまんしておお泣きしするんです。まだ赤ちゃんなので,もちろんダイパー(紙オムツ)をして寝ているのですが...まるでトイレトレーニング中の幼児のようにオシッコが我慢しちゃうの。あわててオムツを開けてあげるとホッしたようにシャーってオシッコをするんです。そのあとはさっぱりして安堵の表情をみせそのまま眠ってしまいます。そんな「オシッコがまん」でおお泣きが2-3回あるのです。

いろいろと調べた結果、どうやら息子は強靭な膀胱の持ち主でトイレトレーニングも楽になるとのことで喜ぶべきことのようですが...私たち夫婦が熟睡できるのはまだ先になるかもしれません。

食事はまだまだ固形物は食べられませんが、バナナやアボカド、ブルベリーといったフルーツやお菓子類(ウエハースやたまごボーロ)は食べられるようになりました。日本の母に頼んで赤ちゃんのお菓子を送ってもらいました。なかでも私が小さいときに好んで食べていた風月堂のゴーフルは懐かしさもあり息子もパリパリと美味しそうにかじっていました。

週末には外出の大好きな息子を積極的にいろんなレストランに連れて行っています。なかでもフレンチベーカリーの「オニオングラタンスープ」と「バナナクレープ」は美味しそうにいっぱい食べました。私も東京ではおいしいフレンチベーカリーが大好きでした。アメリカに移ってからもずーっと食べたいと思っていたので、コロラドで再び美味しいフレンチベーカリーに出会うことができてよかった。

また、息子はDaddyと遊ぶのが大好きです。男の子は父親といっしょにいろいろするのが楽しいみたいですね。母親はどうしてもオムツ替えやら食事などに追われ、遊び方もワンパターンになってしまうのですが。Daddyは肩車とかけっこうワイルドな遊び方をしてくれるので、もう「キャーキャー」と実に楽しそうに大喜びをして遊んでいます。だから、Daddyがただいま~って帰って来るともう大喜びで近寄っていきます。そしてお風呂もいっしょに入って寝るまでDaddyにぴったりです。父子の仲睦まじい姿っていいものですね。

9ヶ月から2歳児の服を着ている息子はレストランでも「お子ちゃまメニュー」や「お絵かきセット」を手渡されてしまいます。隣席の2-3歳のお子ちゃま達はふつうご飯を食べてるなか、哺乳ビンを美味しそうにチュチュ飲んでる不思議な2歳児に見えていることでしょう(笑)。


b0234096_13155962.jpg

仁王立ちはじょうずになりました
分かりづらいかもしれないけど壁には手をついてないんですよっ!

b0234096_13171062.jpg

手押しの車を片手でひっぱって遊んでいます
ちょっとした支えがあれば片手でスイスイ歩いちゃいます

b0234096_132253.jpg

わんぱく盛りの彼は床に敷きつめているマットをはずして体に着けちゃいました

b0234096_13193212.jpg

もちろん食事中もお遊び盛んで....スプーンでこんなことをしちゃいます

b0234096_13202037.jpg

おやつにお菓子をかじっています

b0234096_13211115.jpg

日本から送られてきた風月堂のゴーフルもおいしそうに....
[PR]
by coloradowinds | 2012-02-23 05:55 | 息子の成長日記
この前7ヶ月の記録を書いたかと思ったら、もう8ヶ月です。


子供がいる友達が以前、雑誌ゆっくり読みたいと言ってたな。

むろん、当時子供のいなかった私は彼女の訴えがわからなかったのですが.....

いまは身に沁みてわかる気がします。息子が昼寝をしてる間に家事を慌しくこなし、お昼寝が長い時にブログを書いてiます。
それ以外、実質的に自由時間はありません。トホホ....

息子は夜、8時~9時に就寝します。以前は8時までに眠りについていたのですが、それだと朝6時に起きてしまうのです。平日はいいとしても週末も6時からハイテンションの息子のつきあうのは正直いってキツイ。ならば、就寝時間をずらせばいいのではと今はちょと遅めに(これでも.....)寝かしています。

午前中1回と午後1回ずつお昼寝をしています。2週間くらい前までは決まった時間に「はい!お昼寝ねっ」と言って寝かしつけるとすぐに寝たのに。最近は抵抗するんです。


「ボク、絶対に寝ない!」と言わんばかりに大泣きして(笑)


私の細腕じゃ、もう彼を寝かしつけることは難しいので.....
そういうときは無理に寝かさないでバテルまで遊ばせています。
眠くなったらいつかは寝るだろうと気楽に構えて。

週末のお昼寝はドライブ中にしています。私たちの都合でそうしているのではなく、DADDYがいるので家では寝ないんです。
ボクが寝てる間にDADDYが楽しいことをするかもしれない。


「I don't want to miss that!!!!」


きっとそれを逃したくはないのでしょうね。かわいいっ~053.gif
息子にとってDADDYのいる週末は楽しみの連続なのです。

だから、お昼寝タイムには車を1-2時間ひたすら走らせて寝かせています。コロラドの各方面はもちろんのことハイウェイ80を西へ西へネブラスカ州まで行って帰って来るとか。ガソリン代のかかるお昼寝タイムとなってしまってますが.......(笑)
いろいろな景色を楽しめてそれはそれで楽しいものです。

私たちが住んでる場所は田舎なので住宅街の外には馬がいます。郊外のちょっと広めの土地に住んでいる方はMy horsesを飼っていて犬や猫を飼う感覚で庭に馬がいます(ちなみに住宅街だけど、うちの隣にも馬がいますっ)。ドライブで行くネブラスカ州は映画などで「ド田舎の代名詞」的に扱われていてますが.....(失礼!)さらに田舎で何もありません。ここではとても生きていけないと感じました。私が住んでいる場所もかなりの田舎で....もし六本木からいきなりここに移り住んでたらショック死してたと思うれど、アラスカという僻地を経由したのでとても住み心地がいい「パラダイス」に思えるのです。デンバーという程よい都会も味わえて他州にも足をのばせるがうれしいです。

さて、息子の成長はすこぶる勢いで、歯はぜんぶ生え揃い奥歯の数本を残すのみとなりました。なのに歯みがきを嫌がるので、夜寝る前にササッとブラッシングして終わりです。夜中も1回フォーミュラを飲むので赤ちゃん用のキシリトールスプレーを虫歯予防として日本から取り寄せてるところです。

生後3ヶ月半から始めた離乳食はメニューはほとんどかわらず食べられる食材もそんなに増えていません。


おかゆ with しらす、きな粉

ブロッコリーやキャベツなどの緑黄野菜

カボチャかさつまいものペースト(カボチャを牛乳でといたパンプキンスープは大好きです)

スムージー with Multi-grain Cereal(リンゴ、バナナ、オレンジ、アボカド+豆乳のスムージー)



もちろんすべて手作り。オーガニック店が豊富なので食材すべてORGANICを使っています(息子のだけは......人生半分は過ぎたであろう我々の食材はこだわってません)。スムージーは主にランチにあげていますが、いろんなフルーツ+アボカドは栄養価が高い食材としてアメリカではベビー食として勧めているのでアボカドも。それからバナナは便秘になるのでベビー用のプラムをすこし入れるといいとドクターに言われたのでプラムも加えています。

よく食べる息子ですが、ここ数日はパタッと食べないんです。どこか具合が悪いんでしょうか?代わりにフォーミュラをたくさん飲むので余り心配はしていないんですけど。ワンパターンの食事に飽きたのかな???食欲が戻らないようならちょっと対策を考えますっ。

ともあれ、とっても元気な息子です。最近、検診がないので体重はわかりませんが現在、18ヶ月歳児の服を着ています。
クリスマスの可愛い服があったのですが可愛いものはほとんど1歳児サイズまで。大丈夫でしょと思って1歳児用のクリスマス服を買ったのですが.....きつくて着られませんでした(これにはもう撃沈042.gif)。

とても社交的で明るく朗らかな性格の彼にはいつも癒され笑わせてもらっています。


b0234096_7401734.jpg

立ち歩きが好きな息子のためにオモチャの車をプレゼント

b0234096_7411530.jpg

股の間からのぞき込んではケラケラ笑う彼 
私がのぞき込むとさらに面白がって何度もやるんです

b0234096_7423142.jpg

身長の高い彼は窓辺に立ってお外を眺めるようになりました
けっこう高いところも手が届くのでいろんなものをいたずらするようにも....キッチンの棚に手が届かない私は脚立を使ってるっていうのに(笑)

b0234096_7434868.jpg

音の鳴るオモチャが大好き ドラムのオモチャで音を奏でている最中です
いくつかの楽器を同時に鳴らして演奏してみたりもするんですよ!音楽系の才能があるのかな?!?
[PR]
by coloradowinds | 2011-12-23 07:28 | 息子の成長日記

急成長中の息子

息子の成長ぶりが目を見張る勢いでスゴイんです。

生後7ヶ月を目前にした11月18日、長距離をcrawlingできるようになったと思ったら....。スピードがましてどんどん早くcrawlingするようになり。

先週の金曜日(12月2日)に突然、キッチンの入口に設置してある柵につかまってひとりで立つようになりました。最初はちょっと時間がかかってやっと立てたのに....。

毎日、メキメキと上達して2日後の日曜日にはスーッと簡単に立てるようになりました。でも立った姿勢から座ることはできなかったのに....DADDYが教えてあげると、要領を得て2日後の火曜日には「立ったり座ったり」が自在にできるように。

さらに、昨日から立ったときに足踏みをするようになったと思ったら、DADDYに手を引っぱってもらって歩けるようになったのです。

「立ったり座ったり」はもう朝めし前って感じとなった彼。きょうは高いところによじ登ろうとしています。立って足踏みするのが大好きでキャ~キャ~と歓声をあげて喜んで立ってる彼はホントにかわいい。そして、なんでもあきらめずに一生懸命に取り組む彼の姿を見て感心しています。

b0234096_550782.jpg




わずか2週間でこんなに急成長するとは.....我が子の成長ぶりに驚かされっぱなしです。

「この子は意外と早く歩き出しそうな気がするね!」とちょっと前にDADDYと笑って話したっけ。

イヤイヤ、笑いごとじゃなくって本当にもうすぐひとりで歩き出すかもしれませんね。

b0234096_5523735.jpg

[PR]
by coloradowinds | 2011-12-08 05:52 | 息子の成長日記
時の経つのは早いもので........

生後6ヶ月のときに引越しをしたと思ったら、あっという間に7ヶ月になってしまいました。

引越しのドタバタの間も息子の日々の成長は著しく続きました。

アンカレッジでホテルに滞在していた頃にはDADDYのまねをして唇を鳴らすのにはまっていました。息子の場合、ツバもいっしょに飛ばすので、食事の最中に面白がってやると周囲はもちろん、私の顔面や髪の毛にツバとご飯カスが飛んでくるので困りました。でも、本人は面白くって仕方ないようでしたっ。

こちらに到着してホテルに滞在していた頃にはcrawling(ハイハイ)をするようになったのですが、まだぎこちなかったのですが。ところが、成長は一日ごとに起こるようで。私のカメラが大好きで、私がカメラをかざすとイノシシのように猪突猛進で前進してくるようになり。11月18日(金)にアラスカから届いた荷物の整理にあけくれ息子の存在をしばし忘れていたら......おお泣きしながら私たちのいる部屋までやってきたのです。こうして彼のcrawling はメキメキと進歩して、今ではコアラが歩く姿に似てとてもかわいらしい姿を披露してくれます。


なかなか自分ひとりで座ることができなかったのですが。それも突然、昨日から直立不動で長いこと座れるようになりました。できなかったことがある日突然、できるようになるのにはいつも驚かされています。子供ってすごいですね!

b0234096_6435218.jpg



Crawlingで行動範囲は広がったのですが、新しいお家に越して以来、私の姿が近くにないと泣き出してしまうのです。新しいお家はアメリカの住宅で流行っているオープンフロアープランでキッチンからダイニングとリビングが見渡せるようになっているのですが。息子が小さいからか。私がチビだからか。キッチンにいるとリビングにいる息子からは私の姿が見えないのですっ。だから、「ママ~ママ~」とおお泣きしながらキッチンの入口に設置してあるフェンスまできてフェンスを手で押し開けようとするのです。もちろん、フェンスはチャイルドプルーブされているので赤ちゃんには開けられませんが。檻に閉じ込められてしまったようで可哀想になりすぐに抱っこしちゃいます(笑)。

b0234096_6492572.jpg


死角になるキッチンに立つことはできないので、食事の用意は彼が昼寝をしている合間にやります。ブログの記載ももちろん昼寝中じゃないとできません!!私が手にするものなんでも興味深々で触ったり、なめたりしたがるのでねっ.....。カメラ、携帯、パソコンなどはもう大、大、大好きです。

アラスカから荷物が届くのに1ヶ月かかりました。

当然、ベットも1ヶ月間なしだったので。

急場しのぎに"JAPANESE FUTON”というのをオンラインで購入してみました。アメリカでFUTONというとソファーベットのことで。日本の敷布団はJAPANESE FUTONと言うようです。実物は日本の布団とはまったくちがって、はっきり言って学校で体育の時間にでんぐり返しをしたマットそのものでした。これにはもう大笑い。037.gif 果たしてどんなものかと期待していなかった寝心地ですが.....

予想外に、寝心地がとてもいいんです。

日本人の私もアメリカ人の夫も大満足!!!

結局、アラスカから届いたベットはそのまま納戸にしまい。このJAPANESE FUTONで川の字になって息子もいっしょに今も寝ています。アメリカでは添い寝はタブー視されていますが、癒しの効果があってとてもいいですね。癒しの効果って、息子じゃなくって私が息子に癒されてるんです。彼の小さな手や足をタッチしながら寝るととっても癒されるんですよっ!赤ちゃんって天使のようなふんわりしたエネルギーなので....こちらもほんわかした気持ちになってきます。添い寝効果は意外なところにもあらわれるようですね。よかったらお試しくださいね。

そしてJAPANESE FUTONおススメです!引越しのときだけではなく、不意なゲストにエアマットレスを使っている方も多いと思いますが。エアマットレスははっきり言って寝心地が悪いでしょっ。でもこのJAPANESE FUTONは寝心地がいいんです。難点は身長の大きな方ははみ出してしまうことで、夫も平均的なアメリカ人の体格ですが足がはみ出しています。それでも寝心地がいいというのですからっ。試す価値はあると思いますよっ!!
[PR]
by coloradowinds | 2011-11-24 01:49 | 息子の成長日記

Blue Blue Blue SKY - 青一色

新天地での生活がスタートしました。

アラスカ生活からの劇的変化は......太陽




b0234096_528476.jpg




朝の目覚めの時間には太陽が元気に出迎えてくれます。こちらの人にとっては当たり前のことなのだけれど、私たちにとっては非常にうれしいことなのです。息子は朝6時にエンジン全開で起床。もちろん、私も朝6時からがんばってマス!アラスカのときは朝起きても外がまだ真っ暗でかなり濃~い珈琲をガブ飲みしないと目が覚めなかったのですが。こちらに来てからは起きると太陽があるので大丈夫になりました。



青、青.....真っ青な空


b0234096_2305954.jpg



空には雲ひとつなく飛行機がつくり出す飛行機雲だけ....という日がほとんどです。


b0234096_633109.jpg

太陽の下を飛行機が通過中。こんな景色を毎日眺めています。


おかげで体が軽くなりました。そして、食欲が戻りました。もともと朝食は抜きがちだったのですが、出産後は朝食をまともに取ったことがありませんでした。忙しいから忘れてしまうのだと思っていましたが。こちらに来て毎日、太陽をいっぱい浴びるようになったら、どんなに忙しくてもお腹が空くようになったのです。だから、朝食もちゃんと食べるようになりました。

気温は越してきた当初は75度なんて日が続いて、アラスカ慣れしてた体には暑く感じました。今は低くなってきて、おとといは庭に初霜が降りました。標高が高い場所なので東京よりは寒いでしょうね。日本だと「軽井沢」と似た感じでしょうか。雪も2回降りました。でも、雪雲が去るといっきに真っ青な晴れ間が続くので、あっという間にとけてしまいます。

b0234096_5331675.jpg


朝晩は冷え込んできましたが、昼間は温かいので窓を開けて息子を日光浴させています(きょうの気温は65度です)。南向きの家なので日当たりがよく。良すぎて家の中にいてもUVケアは欠かせない日課となりました。今週末には息子をつれて散歩や買い物に出かけようと思っています。この冬は太陽の恩恵をたっぷり受けながら過ごすことができそうです。
[PR]
by coloradowinds | 2011-11-10 05:40 | 息子の成長日記