アメリカロッキー山脈の麓に暮らす家族の日記


by coloradowinds

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

暑すぎる~!!

メチャクチャ暑~い!暑い!

ギラギラの太陽が照りつけ気温は100度(38℃)くらいになる。

そんな中、先週末にデンバーのダウンタウンに出かけた。途中、森林火災の煙のなかを通り抜けた。太陽がさえぎられ灰色の世界になる。まるでひどい光化学スモッグみたい。

b0234096_556425.jpg


煙をぬけると太陽がもどってきた。きゃ~今日も暑くなるワイ!!


b0234096_5435632.jpg


デンバーはこの日ついに観測史上最高104度(40℃)を記録。LA郊外のサンフェルナンドバレーに住んでたときもこんな暑くはならなかったぞ~!こりゃ~砂漠のパームスプリングスの気温だよ。

夫の友人とランチをしたあと散策したけど5分でギブアップ。息子が熱中症になるまえにそそくさと退散。冷房のきいた車にもどったらホッとしたよ。ここまで暑きゃ~もう水遊びしかないでしょっ!!

ベビー用のプールを買って「自宅で水遊び」に予定を変更!

b0234096_558311.jpg


息子は初めてのプール遊びがとーっても気に入ったみたい。それでも日焼け止めとTシャツが気休めにしかならないのであまり長くは遊ばせてあげられなかった。


週が明けても暑さは続いている。天気予報でもっとも暑い気温を連日たたき出しているのは.....

マイアミでもなく、ハワイでもなく、アリゾナでもなくデンバー

ロッキーエリアがいま全米でいちばんHOT。なんで~~??
爽やかな高原をイメージしてたから、アラスカでいちども着なかった夏ドレスを処分してきちゃったよ(後悔~!)。

この暑さのせいで森林火災が多発してぜんぜん鎮火しないのだ。

b0234096_5452426.jpg


ファイヤーファイター(森林消防隊)たちは口をそろえて言う。

「火(ファイヤー)にはスピリットが宿っているようで止めてもとめても飛び火して広がっていくんだ。」と....

きっと マザーネイチャー(母なる自然)はお怒りなのでしょう。

何はともあれ、我が家では朝の7時代に息子の散歩をすませ、
あとはひたすら冷房をきかせた室内で冷たい飲み物をすする。
ああ、カキ氷が食べたい~!近所にあるまっちゃ色のお家をみるたび「宇治金時」が無性に食べたくなる。久々に味わう冷房病でカラダがぼわ~んとしてるけどふしぎと食欲はあるのだ。わんぱく息子の相手だと体力がいるのを体は知ってるのかもね!
[PR]
by coloradowinds | 2012-06-27 11:50 | 四季 Four seasons

色とりどり

日本を色で表すと「山吹色(やまぶきいろ)」の文化。

古来から落ち着いた色合いを好むため、服や車、家などの色合いもとても地味で落ち着いている。アメリカから時たま里帰りをすると、車は白かグレー。ご年配の方々はみ~んな「枯れ葉色」の服で区別がつかない....「枯れ葉世代」の方々にはなじんで落ち着く色なのだろう。

一方、アメリカ人は明るい色を好む。ご年配になってもみなさん鮮やかな色を身にまとっている。

真っ赤なお揃いのセーターを着て手をつないで歩いている年配のご夫婦はチャーミング。私は「山吹色の文化」出身だが明るい色が好き。肌にかげりが見え始めた30代からピンクを好んで着たりしている。日本だと目立ちすぎるピンクもアメリカならぜんぜーんOK。
だって、家の隣についにピンク色の家まで登場しちゃったんだもの。ど~よこれ?いったい、どんな人が住むんだろ??

b0234096_4214374.jpg


おとぎ話から抜けだせない色ボケ婆さんだろ~と思っていたら....

どうやら子供2人(男の子と女の子)の若い夫婦がオーナーらしい。きっと奥様は無類のピンク好きなのだろう。でもご主人と男の子はピンク御殿に納得なのかな??


b0234096_415783.jpg

夕方、おもしろい雲を撮影しようと思ってもピンク御殿がじゃま。


b0234096_4225126.jpg

春まで馬がいる長閑な牧場が見渡せたのに...今ではピンク御殿。
その奥は黄色、まっちゃ色の家だもん。さらに近くには真っ赤な家もあって目がチカチカしちゃう。きゃ~って感じ。

アメリカ人の色感覚ってどうなっちゃってるんだろ!?!

家の色もここまで自由でカラフルだと笑えるけど。不思議と真っ青な青空には映えるんだわ~。じつに美味しそうなアイスクリームに見えてくる。イチゴ、バニラ、抹茶.....どれがいいかにゃ??
[PR]
by coloradowinds | 2012-06-22 04:32 | アメリカならでは

はだかのBABY

アメリカ人ママの子育ては日本人とはかなりちがうところがある。

Babyが生まれてまもない頃はお家から出さない傾向が強い日本人とちがって....

こっちのママゴンたちは「あれ?きのう生まれたばかり??」って感じの首がグラグラしてるちっちゃなBabyを片手が抱えて買い物してるからすごい。ロッキーエリアでは温かくなった春先から半袖+下半身はオムツだけという姿の生後まもないBabyをスーパーやモールで見かける。

冷房がキンキンに冷えた店内をママの肩にヒョイと乗せられてスヤスヤと眠ってる。モモと足がむきだしだから冷えやしないかと心配になってしまうのは...きっと私だけなのだろう。。。

6月に入ると我が家も冷房なしではいられなくなりました。
1日中冷房をつけているので息子には半袖+長ズボンにソックスをはかせています。日本にいた頃から冷房依存度はつよいほうなのですが。ソックスやパンツをはいて冷え性対策をしながら快適に過ごしてきました。

アメリカ人Babyはというと...。お家にいるときはオムツだけが多いみたい。そのほうがオムツ替えも楽だし、涼しいしってことらしいです。ちょっと私には抵抗があるな~と思う赤ちゃんオムツだけ姿ですが、アメリカではごく当たり前のことみたいです(夫談)。

昨日も外の気温は華氏95度(35℃)。あまりに暑いので息子のお庭遊びは中止して冷房のきいたお家のなかですごしました。さすがに外で遊ぶ子供姿は見られませんでした。夕方。ふっとお隣さんの庭に目をやると.....


b0234096_4574317.jpg

息子と同い年の赤ちゃんがオムツ1枚で元気に遊んでいました。
ついに、みた~!!アメリカ人Babyのオムツ1枚姿だ~。
夫の言ってたとおり、お家ではオムツだけなんだ~と感動。



b0234096_4581667.jpg

お姉ちゃんとスイカを美味しそうに食べています。
時刻は19時(日が長いから夕方みたいだけど、もう夜だよ~)いくらなんでも寒くないのかな~。そんな私の心配をよそに彼はオムツだけで元気に遊んでいました。冷房のきいた室内でも、もちろんオムツだけなんだろうな~。

アメリカ人には「冷え性」なんてないんだろうなっ(笑)。

はんぶんアメリカ人の血がかよう息子はいったいどんな服装をさせたらいいのかと考えてしまう。

母である私はついつい自分の体感温度で息子の服もえらんでいるけど....アメリカ人的にはかなり厚着だ。かといって、オムツだけはちょっと抵抗あるので、とりあえず靴下を脱がせて半袖+長ズボン姿にしてみた。息子は靴下がなくても大丈夫みたい!こうして、すこしずつアメリカ人Baby的に鍛えあげていこう。
[PR]
by coloradowinds | 2012-06-20 05:32 | アメリカならでは

Hailstorm and Forest fire

自然の驚異がつづくロッキーエリアである。

b0234096_2223852.jpg


先日はものスゴイ雷雨に見舞われた。昼カーッと暑くなり夕方から雷がなるという日はあったものの。先日の雷雨はハンパじゃなかった。ふつうはピカッそしてゴロゴロでしょう。そんなんじゃなくって、ピカーッ ピカーッ稲妻の連続で空一面にひろがる巨大クリスマスツリーのイルミネーション状態。雷もすごくってゴロゴロドーンと鳴りっぱなしだった。

b0234096_2214317.jpg


Fail(ひょう)もふった。その後の雨はもっとすごかった~。

ものすごい量の雨がいっきにふって庭や道路から水があふれだし氾濫。ほとんど雨が降らず乾燥したエリアが一瞬にして水浸しになった。まるで「ノアの箱舟」さながらの地球最期の光景みたいだった。息子はぐっすり眠ってて、外がどんなにすごくても目覚めることはありませんでした。よかったね~!


そしたら、今度は大きな山火事が起きた。火の勢いはすごくって人間がどんなに尽力をつくしてもまったく手に負えないほど大規模になってしまった。煙は北コロラドからワイオミングをとおり越してネブラスカ州まで達し、家の窓を開けると木が焦げた臭。

自然発火の森林火災は数年に一度は起きるもの。そして、木を食い荒らす害虫や雑草、枯れた樹木が一掃されて新しい生き生きとした森が再生されるのだ。なのに....自然のサイクルに人間が勝手に手を加えて小さな火事を消してしまうために枯れ木や害虫や雑草は増えつづけ、15年に一度くらい手に負えないほどの大規模な森林火災が発生してしまうのだそうだ。

他州からの応援隊もぞくぞくと動因されてるけど.....いまのところ、自然の猛威にまったくなす術ナシ。まったく人間のちっぽけさを感じます。いくら人間が虚勢をはっても、好き勝手に大地を荒らしても、大自然が本気で怒ればぜんぜん太刀打ちできないんですもの。己の小ささを肝に銘じ、もっと母なる自然をうやまい謙虚に生きねばいけませんね。それと、自然のサイクルを人間の手で狂わせないほうがいいってことですね。イエローストーン国立公園のオオカミだって人間の手で一度絶滅させておいて、エルクが増えすぎたからって、また何処かからオオカミをつれてきて繁殖させ。国立公園の外に出て家畜を荒らすようになったからまた殺し。じつに勝手な気がするな~。

b0234096_2244260.jpg

土曜日にフードフェスタに行ったけど...あまりの暑さに即効撃沈。暑さ知らずの夏をすごしたアラスカ体質の私には堪えた~。

b0234096_2252429.jpg

その帰り道、山から煙が立ち上るのを発見!!
「第一発見者か~!!」って張り切ったけど....
もうこんなに大きいんだもの。そんなわけないってばよ。

b0234096_2311049.jpg

煙はどんどんと大きく広がっていく。先日、大雨がふったけど年中乾燥してるエリアには焼け石に水だったのだろう。乾燥した森林に炎は勢いを増すいっぽうのようだ。

乾燥に悩むのは森林だけでなく。私のお肌も悲鳴をあげている。冷房と加湿器を一緒に使うなんてはじめてのことである。日本での冷房は湿度をさげる目的もあるのに、我が家では冷房で温度をさげて、加湿器で湿度をおぎなってる?!?!いっけん、こんな矛盾なことをしてお肌を乾燥から守っていましゅ。スタバのアイスラテやキーンと冷えたカクテルがやたらと美味しいのも乾燥した大地のおかげだろうか~。
[PR]
by coloradowinds | 2012-06-12 02:59 | 日常生活あれこれ

祝!直行便就航

デンバーと成田間に来春から直行便が就航することになった。

やった~!ばんざ~~いっ。

子育てをする環境としてえらんだ「コロラド」は想像以上にすばらしくって。だから、ここに定住することに決めた。

ロッキー山脈の美しい大自然、緑豊かな街、広々とした田園風景、のんびりとした田舎だけど....
巨大ショッピングモールやオシャレなカフェやレストラン、WholefoodsなどORGANIC製品を取り扱う店も充実してる。海はないけれど、そんなことを忘れるくらいアミューズメントやあらゆるアクティビティーがある。子供向けのアクティビティーもアウトドアと屋内ともにメチャメチャ充実してるから夏は忙しい。息子はまだちびっ子だけど、来年あたりには我が家も忙しくなりそうだーっ。

唯一、コロラドに欠けてるものといったら.....

日本への直行便。幼い息子をつれてどうやって日本へ帰ろうかと帰国ためらっていた。ため息まじりに「直行便が就航しますように」と夜空に祈ってみた.....そしたらっ!?

来春からデンバー成田間に直行便就航のニュースが飛び込んできた。直行便ができるとしても1-2年先になるかなっと思ってたから、こんなに早く実現してとてもうれしい。私の願力かっ?何はともあれ、やった~!
[PR]
by coloradowinds | 2012-06-07 03:26 | 日常生活あれこれ