アメリカロッキー山脈の麓に暮らす家族の日記


by coloradowinds

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ANAの対応に感動~

我が家はゲストルームを追加する工事を依頼しました。


ところがぁ....


見積もりを依頼したうち、見積もりをちゃんとくれたのは

たったの3社。しかも3社とも期限を大幅に遅れてのご回答。

まあ、それでもいちばん対応がよかった業者に決めた。
我が家は幼児がいるため、騒音のひどい日と臭いのひどい日はあらかじめ、前日までに連絡をしてくれるという約束のもと、
いよいよ工事着工となった。

ところがぁ.....


初日のいちばん騒音がひどい日に連絡なしでいきなり工事にやってくるという。

「約束がちがうので今すぐは困るわ」と言うと

「じゃ、明日の午後1時に伺います」という業者。

翌日、業者がやって来る前に息子をつれて外出をすることに。
騒音がひどいので息子の着替えや食事をもって避難したのですが...しばらくして、家で待機してた夫から電話が。

「待てど暮らせど来ないから、業者に連絡したら「今日は行きません!」だって」と夫も絶句。

いったい、どーいうこと???

なんなのー、この対応は。


話はこれだけではないんです!


ある造園業者に庭のメンテナンスと改造を依頼したら、

「今週の土曜日、9時15分に伺います」と

依頼を請け負ってくれた。


ところがぁ....


当日、待てど暮らせど来ない。業者に連絡するも返信無し。

No Showってやつだ。約束しておいてすっぽかす。
アメリカではこういうことがあると聞いてはいたけれど...
本当に平然と「すっぽかす」のには驚いた。結局、その業者からはなんの連絡がないままである。
子供同士の約束じゃあるまいし。れっきとした大人が、しかも仕事をする立場の会社がこうした行為をすること事態が理解できないよね。

これでよくアメリカって国はよく成り立ってるな。

こんなー失礼な対応をされてアメリカ人は平気なのだろうか?

きっとこれがアメリカって国。ここで生まれ育ったひとはこんな対応に慣れきっているのだろう。日本の親切な対応を知らないのだろう。


そんな折、家族で日本に行くためにANAの東京予約センターに連絡をしたら、

とーっても親切な対応に涙が出そうになりました。

ANAのフライトに搭乗するものの、本来は予約を請け負ったユナイテッド航空が対応すべき問題らしいのですが....ANAのオペレーターのかたは

「うちではお客様のデーターを変更することができないのですが、なんとか致しますので少々お時間を下さい。折り返しこちらからご連絡いたします。」

と言ってくれた。折り返し我が家まで電話を下さるという。しかも国際電話なのにぃ...

なんとオペレーターの方がわざわざユナイテッドに直接交渉してくださり問題を解決して下さったのだ。

しかも、息子のお子ちゃま用の機内食までリクエストしておいて下さったと再度お電話をいただいた。

「お客様からユナイテッドにご連絡をされても話が通じないといけないと思いまして、お子様の機内食をこちらからリクエストしておきました」

という内容だった。なんて.....親切なの。

こんな親切な対応をうけたのはひさしぶりだ。アメリカだったら絶対にないきめ細やかな対応。しばし忘れかけていた日本のサービス業のすばらしさに感動。じぃ~ん。こういう日本のすばらしさは消えないでほしい。

いっぽうアメリカでは....

あんた、お給料もらってるのになんなのその対応は..ってのを

スーパー、レストラン、そこかしごで見かけるのである。アメリカはすばらしい、ナンバーワン!と誇るアメリカ人も多いけど....そんなことはないと思ってしまう。少なくてもサービス業はね。それと、世界に目を向けたらすばらしい地域はほかにもいっぱいあるもん。たとえば、日本らしい「きめ細やかいもてなし」とか。前に出すぎない自己主張しすぎないところとか。戦後ずっとアメリカに感化されてる日本だけど、日本古来のすばらしさは消えないでほしい。
[PR]
by coloradowinds | 2012-09-28 06:58 | My thoughts

最近のわたしたち

すっかりごぶさたしていました。いかがお過ごしですか?

こちらは9月下旬で暑さがやわらいで過ごしやすくなりました。

先週まで88度とか暑い日もありましたが、今週は気温も70度半ばに落ちついてグンと涼しくなりました。息子をつれて近所を散歩すると暑くもなく寒くもない爽やかな風とどこまでも高いすっきりとした秋空が気持ちよく感じられます。真夏には見えなかった飛行機雲がまた見えるようになりました。雲ひとつない空に飛行機雲だけがあるという季節になったようです。

本当に雨がふらない地域で。。先週まとまった雨が丸1日降ってしょんぼりしてた草木や芝生がいっきにみずみずしくなりました。スプリンクラーを駆使して水をまいても枯れてしまう草木が後を耐えなかったのに、母なる自然はたった1日ですべてを潤してしまうのですから....自然はすごい。

アラスカからこちらに来て約1年が経ちますが、まとまった雨が降ったのは2回だけ。それとドシャブリのスコールが真夏に1回。どんよりとした曇り空もなーんて日はまったくなしでずっと晴れています。潤いはもう少しあってもいいけれど、この青空にはホントに救われました。おかげで、アラスカで悩みの種だった8月から初雪が降るまで気分が凹む症状は解消されましたっ。

さて、我が家は引越をしました。今まで賃貸に住んでいたのですが、前回も話したけれどなにせ安いつくりなのであちこちで不具合が生じるし、どケチで意地悪なオーナーにもちょっと嫌気がさしたので。これは「ここを出なさい」というサインだと感じ、その流れに乗って家を買っちゃいましたん。災い転じて福となるとはまさにこのことで、とても素敵なお家にめぐりあえたのです。

新しいお家のことや近況はまた追ってご報告いたします!
[PR]
by coloradowinds | 2012-09-21 07:34 | 日常生活あれこれ

涼をもとめて

この週末も暑かったので涼をもとめて涼しい山へ出かけました。

コロラドにはAspen, Vail, Breckenridgeなど全米有数のスキーリゾートがあります。夏なので雪はまったくありませんが、避暑地として夏もにぎわいをみせています。コロラドのリゾートはどこも手入れが行き届いていてきれいでとーっても「お洒落」。かなり前の話ですが、Aspenのお洒落なブティックで日本にはないようなかわいいブーツを買ったのを覚えています。今回は1歳児をつれての週末プチ旅行なので、いちばん近場のBreckenridgeに滞在することになりました。

b0234096_6275484.jpg


デンバーからハイウェイ70に入るとロッキー山脈をくねくねと走るので車酔い。運転するとゲロンパモードも解消されるので私が運転を担当しましたが、まるで東名高速+箱根の坂道を走ってるみたいで緊張しっぱなしぃ。ホテルに到着したときにはどっと疲れてしまった(もう日本の道路は運転できにゃいかもでしゅる)。Breckenridgeは標高3000メートルちかくあるので寒いと思っていましたが、気温70度と暑くもなく寒くもなくちょうどいい感じ。夕方、ディナーに行きがてら街を気持ちよ~く散策できましたー。

b0234096_6285174.jpg


夜は慣れないホテルのバスタブに息子はギャン泣き。はじめてのお部屋に興奮して10時過ぎても寝てくれないし....キングサイズベットに3人川の字寝はせまくて~暑っつーい!!しかも、明け方から急に冷えて今度はさむ~い。息子は早朝、とうとうベットにゲロンパしてしまいましたっ。こうなったら、ねむれませ~んってことでそのまま荷物をつめてチェックアウト。3人ともほとんど眠れないまま帰路に着きました。息子は車の中で爆睡でした。いろいろと疲れちゃったんでしょうね。

夏の暑さと日頃のいろんな疲れをいやしリフレッシュをするための週末旅行でさらにド~ッと疲れてしまいましたん。目下、わたしの夢は誰にもジャマされずにぐっすり眠りたい。全身の疲れをとるマッサージをうけたい。夢もずいぶんとシンプルになりました(笑)。

b0234096_6303412.jpg

夕方、Breckenridgeのかわいい街を散策中。
きれいな川も流れていて夕涼みをするひとであふれていましたよ。

b0234096_6313040.jpg




さて、週明けからも90度とまだまだ暑さは続いています。ゴミを外に出しに行くのもせーの、ダッシュで行ってます。ガラージが蒸し風呂のように暑いの。しかも、今夜は肝心なエアコンまで故障しちゃって...この借家は新築なのに安っぽい構造なのだ(言いたい放題だけど....ホントなんだもの)。近所の裸ファミリー(家にエアコンをつけてないため、いつも裸ですごしているファミリー)がいるんだけど、今夜から我が家も仲間入りになるかって感じ!

翌朝、エアコンは復活しました(もちろん、昨夜はあつくて眠れませんでしたっ...)。エアコンをずっとつけっぱなしなのでオーバーヒートを起こしたみたい。日本は各部屋ごとに冷暖房を入れますが、アメリカはセントラルヒーティングで家全体を冷暖房しています。なので、6月に暑くなってからエアコンは付けっぱなしにしていますが、アメリカでは付けっぱなしが当たり前なのでこうした故障は起こるべからずなのです。

近々、家を建設するためにいろんな建設業者の物件をチェックしてるので目が肥えてきたのですが。いい加減な業者もけっこう多くて、この家を建てたHwark Stone Builderもそのひとつ。安価な備品を設置して、手抜き工事をしてるためこうした故障がすでにいろんな箇所で起きてしまうんですねっ。一方、優良業者は高級物件しか扱わないことが多いのですが、せっかく家を買う+建てるなら優良建築業者の物件を選びたいとつくづく思うのでありました。

ではではみなさま残暑をがんばって乗りきっていきましょう!明日からは9月だもんね~。
[PR]
by coloradowinds | 2012-09-01 06:23