アメリカロッキー山脈の麓に暮らす家族の日記


by coloradowinds

涼をもとめて

この週末も暑かったので涼をもとめて涼しい山へ出かけました。

コロラドにはAspen, Vail, Breckenridgeなど全米有数のスキーリゾートがあります。夏なので雪はまったくありませんが、避暑地として夏もにぎわいをみせています。コロラドのリゾートはどこも手入れが行き届いていてきれいでとーっても「お洒落」。かなり前の話ですが、Aspenのお洒落なブティックで日本にはないようなかわいいブーツを買ったのを覚えています。今回は1歳児をつれての週末プチ旅行なので、いちばん近場のBreckenridgeに滞在することになりました。

b0234096_6275484.jpg


デンバーからハイウェイ70に入るとロッキー山脈をくねくねと走るので車酔い。運転するとゲロンパモードも解消されるので私が運転を担当しましたが、まるで東名高速+箱根の坂道を走ってるみたいで緊張しっぱなしぃ。ホテルに到着したときにはどっと疲れてしまった(もう日本の道路は運転できにゃいかもでしゅる)。Breckenridgeは標高3000メートルちかくあるので寒いと思っていましたが、気温70度と暑くもなく寒くもなくちょうどいい感じ。夕方、ディナーに行きがてら街を気持ちよ~く散策できましたー。

b0234096_6285174.jpg


夜は慣れないホテルのバスタブに息子はギャン泣き。はじめてのお部屋に興奮して10時過ぎても寝てくれないし....キングサイズベットに3人川の字寝はせまくて~暑っつーい!!しかも、明け方から急に冷えて今度はさむ~い。息子は早朝、とうとうベットにゲロンパしてしまいましたっ。こうなったら、ねむれませ~んってことでそのまま荷物をつめてチェックアウト。3人ともほとんど眠れないまま帰路に着きました。息子は車の中で爆睡でした。いろいろと疲れちゃったんでしょうね。

夏の暑さと日頃のいろんな疲れをいやしリフレッシュをするための週末旅行でさらにド~ッと疲れてしまいましたん。目下、わたしの夢は誰にもジャマされずにぐっすり眠りたい。全身の疲れをとるマッサージをうけたい。夢もずいぶんとシンプルになりました(笑)。

b0234096_6303412.jpg

夕方、Breckenridgeのかわいい街を散策中。
きれいな川も流れていて夕涼みをするひとであふれていましたよ。

b0234096_6313040.jpg




さて、週明けからも90度とまだまだ暑さは続いています。ゴミを外に出しに行くのもせーの、ダッシュで行ってます。ガラージが蒸し風呂のように暑いの。しかも、今夜は肝心なエアコンまで故障しちゃって...この借家は新築なのに安っぽい構造なのだ(言いたい放題だけど....ホントなんだもの)。近所の裸ファミリー(家にエアコンをつけてないため、いつも裸ですごしているファミリー)がいるんだけど、今夜から我が家も仲間入りになるかって感じ!

翌朝、エアコンは復活しました(もちろん、昨夜はあつくて眠れませんでしたっ...)。エアコンをずっとつけっぱなしなのでオーバーヒートを起こしたみたい。日本は各部屋ごとに冷暖房を入れますが、アメリカはセントラルヒーティングで家全体を冷暖房しています。なので、6月に暑くなってからエアコンは付けっぱなしにしていますが、アメリカでは付けっぱなしが当たり前なのでこうした故障は起こるべからずなのです。

近々、家を建設するためにいろんな建設業者の物件をチェックしてるので目が肥えてきたのですが。いい加減な業者もけっこう多くて、この家を建てたHwark Stone Builderもそのひとつ。安価な備品を設置して、手抜き工事をしてるためこうした故障がすでにいろんな箇所で起きてしまうんですねっ。一方、優良業者は高級物件しか扱わないことが多いのですが、せっかく家を買う+建てるなら優良建築業者の物件を選びたいとつくづく思うのでありました。

ではではみなさま残暑をがんばって乗りきっていきましょう!明日からは9月だもんね~。
[PR]
# by coloradowinds | 2012-09-01 06:23
多忙な日々と夏の暑さで成長記録を書く時間がないまま生後15ヶ月も終わりに近づいてます。

さぼっている間も息子の成長は著しく。15ヶ月になってできるようになった事などを母の記憶をたより(けっこう、ボケてるわたしですが...)に書き記します。

b0234096_5584572.jpg



① 階段の上り下り

階段はどこまでもドンドン上っちゃいます。この年齢で下るのはなかなか難しいようですが、外の石段やステップなどをじょうずにおりることができるようになりました。



② 言葉

言葉の発達はすごいですね!息子の場合、母である私からは日本語、Daddyからは英語をきいて生活していますから、いったいどちらを話しだすかと思っていました。今のところ、英語の単語がほとんどです。発音はまだ赤ちゃんなのではっきりしていないところもありますが、下記の言葉は完全に認識できているようです。

Bye bye(バイバイ)
Mama(ママ)
Dada(ダダ)
Book(ブッー)
Out(アウァ~)
Ball(ボウ)
Dog(ドック)
Bird(バー)
Hot(ホ-ッ!)
Diaper(ダイパー)
Car (カー)今日、街を走る車をみて言いだしました!

とにかく意欲満々の息子は私たちのしゃべる言葉を耳で聞いてそのまま真似をします。「カー(車)」もきょう、私が何気に言ったのを耳で聞いて真似をするようになったのですが....意識しないで思いっきり日本人的発音で「カー」と言っちゃったもんで。息子ったら「カーカーカーカー」とまるでカラス状態...ひゃ~!私の発音どおりに真似をしたらダメダメ~よ!もう冷や汗もんですっ。夜、帰宅したDaddyから正しい発音で教わり直してましたっ(安堵!)

それとDaddyの真似をしてなにかに失敗したときなどに「オッオー」と言います。日本語でいうと「おーっと」って感じでしょうか。食べものが熱かったり、熱いものにふれたときには「ホーッ(Hot!!)」と言ってアッチッチのしぐさもするんですよっ。とってもかわいいです!


③ しぐさ

言葉で表現できないことはジェスチャーでつたえてくることも増えてきました。
お腹がすいた。のどが渇いた。ダイパーを変えてほしいなどなど枚挙に暇がありません。


④ 成長

身長体重は最近は測定していませんが....変わらず大きいと思います。足のサイズは私の2/3強もあり、いつ抜かれるのか?!?!って感じです。

食事のときは食べさせてもらうより自分で食べたいらしいのです。毎回、よごれてたいへんなのですが...フォークとスプーンを持たせて本人にもたべさせるようにしています。フォークを使ってじょうずに食べられるようにもなってきました(まだまだ汚しますけどね...笑)。

b0234096_5592285.jpg


ちょっと前ですが、フォートコリンズのダウンタウンでブランチをしてる写真です。この日はめずらしく猛暑ではなかったので、こうして外で食事を楽しめたのです。


10日前くらいから鈴虫がリンリンと鳴くようになりました。初秋の夜を飾る音色を聞いたのは何年ぶりでしょうか?なつかしい音色はどことなく風情があっていいですね。庭に出るとバッタ、コオロギ、カマキリなどをいっぱい見かけます。虫は苦手なのでただ眺めてるだけですが...こうした環境は子供には最高の遊び場になるでしょうね。日中はまだ暑いですが、外に出るなりドライサウナの扉を開けたようなムーッとくる暑さはなくなったかな。それと朝晩はすずしくなってきました。

息子は先日、生まれてはじめて風邪をひきました。風邪といってもくしゃみがでるだけのかるいものだったのでよかったです。彼の強靭な肉体はDaddyゆずりのようです。いつも元気な息子には感謝です。元気余ってケガが絶えないのですが....わんぱく盛りなので仕方ないでしょうねっ。
[PR]
# by coloradowinds | 2012-08-16 06:09 | 息子の成長日記

夏まっさかり

車を走らせると広大な畑に「とうもろこし」がたわわに実っています。とうもろこしのみずみずしい緑色はこの地の夏の風物でしょうね。

b0234096_5211997.jpg


スーパーでも新鮮なとうもろこしがドカーンとならんでいます。ロッキーエリアはお野菜づくりに適してる肥沃な土地らしく、スーパーにはいつも地元産の新鮮野菜がいっぱい。夏野菜をたくさんいただいて暑さを乗りきりましょう!
[PR]
# by coloradowinds | 2012-08-07 05:31 | 四季 Four seasons

夏まっさかり

暑中お見舞い申し上げます。日本は暑いですか?

こちらも6月からずっと猛暑が続いております。

連日、これでもかーっってくらい晴れてるのー。

b0234096_11454322.jpg


暑いせいか、お隣のパパは裸で芝刈りに精を出し。

b0234096_11451157.jpg


ご近所にはいつも裸で過ごしてる一家もいる。パパは上半身ハダカでママはビキニ姿(さすが、アメリカ!)どうやら、この家には冷房がないらしく....ガレージの扉を開けっ放しにして風通しをよくしている。究極のクールbizuだけど、こんな暑いのに冷房がないのはしんどいだろう。しかも、その家の前は馬糞だらけの牧場だから窓を開けてもきっとメチャ臭いだろ~し。

太陽サンサンなのはとーってもうれしいんだけど.....

雨がぜんぜんふらないの。

昼間の暑さで夕方には雷雲が発生することも多いんだけど。


よーし、雷だ。スコールがふるぞ~!!!

b0234096_11473595.jpg



と、期待するも...我が家の上空はかすめもしなかったり。
降ってもすずめの涙ほどの雨だったり。

パティオに雨つぶがちょっとあるでしょ。これでおわり~。

b0234096_11435864.jpg


へっ、もうおしまい?!?ってくらいしか雨が降らない。
これじゃ~鉢植えも芝生も潤わないってば!

おかげで我が家の芝生と木は水が足りなくって枯れちゃって。

毎日、3時間以上もスプリンクラーで水をまき続け、どうにかひん死状態から救うことができました。いまも3時間スプリンクラーで水をまかないとすぐに枯れてしまうのです。

私もユニクロでショートパンツとタンクトップを買って母に送ってもらいました。う~ん、ビキニ姿で過ごしたくなるのもわかる気がしましゅる。
[PR]
# by coloradowinds | 2012-08-01 06:55 | 四季 Four seasons

アメリカ先住民への思い

日本にいた頃、アメリカ先住民の長老が書いた本を読んだり、彼らの教えを耳にしたりした。なかでも有名なのが「ホピ」と呼ばれる部族だ。母なる自然とつながり、宇宙の源と同調してシンプルな生活をしている叡智あふれた民というイメージをもっていた。
昨年の日本の地震の直後にも、ホピの長老から全世界に向けて下記のメッセージが発信された。


母なる大地とそこに生きるすべてのいのちに敬意を払い、
その上をやさしく歩くことだ



これが人類がこの地球で生きのびるための唯一の道だとホピの長老は言う。このようなメッセージを発するアメリカ先住民のひとたちはいったいどんな暮らしをしているのだろう??

アラスカに住んでいた頃、アラスカ先住民の村を訪れてがく然としたことがある。村にはあらゆるガラクタやジャンキーなものが散在し、人々は昼夜問わず酒を飲んだくれてる。道にツバを吐き、ゴミを平気で捨てる。

娯楽として野生動物を殺して楽しんでいる。どうやってオオカミを殺したか?アザラシを何頭打ったか?の自慢話で盛り上がる。漁の網にひっかかった赤ちゃんイルカを棒でめった打ちして殺してるのも目撃した。とても母なる大地に敬意を払い、すべてのいのちに敬意を払っているとは思えない。むしろ、母なる大地を汚し、そこに住むすべてのいのちを殺してるといった感じだった。

民族の誇りを忘れ去り骨の髄まで荒廃してるのはアラスカ先住民だけで、きっと他の先住民はまともだろうと思っていた。アメリカ本土の先住民は各居住区内に暮らしているため、居住区以外の場所で彼らを目にすることはほとんどない。だから、あまり実態は知られていない。今回訪れたLander周辺には2部族の居住区がある。興味にそそられ暮らしぶりをちょっと覗いてみた。

居住区に足を踏み入れるや否な荒れ果てた暮らしぶりがそこかしこに見られた。昼夜を問わず飲んだくれて、大地にツバを吐きタバコやゴミを平気で捨てる。彼らの荒廃しきった姿を見て思った。長老のメッセージは本当だろうかと?そんな賢い長老はいるのだろうかと?

きっと叡智にあふれた長老は存在するのだろう。でも、そのような賢者はアメリカ全住民族全体の1パーセントにも満たないほんの一握りで、残りの99パーセント以上の人たちは賢者の叡智に耳をかたむけることもなく荒廃した生活を送っているというのが現実ではなかろうか。

これはアメリカ先住民に限ったことではなく。いつの時代にも、どの文明にも賢者と呼ばれる人たちはいた。しかし、賢者のメッセージを真摯に聞き入れる者は少なく、我欲と利益を追求したあげくいずれの文明も滅んでいった。

いまもほんの一握りの賢者たちが宇宙の叡智を伝えている。
しかし、その大切なメッセージに耳をかたむけ実行にうつしている人はほとんどいない。ならば、この文明もいずれは滅ぶ道をたどるのであろうか?


母なる大地とそこに生きるすべてのいのちに敬意を払い、
その上をやさしく歩くことだ


ホピの長老のメッセージが空しく響く。レムリア、アトランティス....
かつて高度文明がこの地球に存在したがいずれも滅んでいった。
彼らと同じ道を歩まないために賢者の教えを実践せねばならない。私たちに残された時間はもうあまりない。
[PR]
# by coloradowinds | 2012-07-27 05:48 | My thoughts